Home > 研究概要

研究概要

 本センターは,センター長ならびに各部門長の指揮のもと,4つの研究部門(生体デバイス設計,生体力学,先進生体材料,臨床バイオメカニクス)教員による協奏的な研究を推進します.さらに,学内外有識者ならびに海外の著名研究者から成るアドバイザリーボードを設置し,レビューと助言を得ます.また,学内外の関連研究教育組織,および国内外の研究者との共同研究を推進し,研究水準の維持・向上を図ります.
 

生体デバイス設計

 生体構造機能の工学的学理究明を進め,それらの知見を活かして,医療応用計測・解析・インプラント・デバイス技術等を開発する.

   

 ページのトップへ戻る

生体力学

 細胞・組織・器官・人体レベルでの力学的学理究明を進め,生体機能強化技術や医療応用技術等を開発する.

      

ページのトップへ戻る

先進生体材料

 先進医療用生体材料・インプラント材料の高機能化を推進する.また,ハイドロゲルの臨床応用実用化をめざす.




ページのトップへ戻る

臨床バイオメカニクス

 力学的条件が重要となる臨床課題の解決をめざして,インプラント,医療福祉ロボット分野における先進バイオメカニクスの導入と臨床応用研究を推進する.




ページのトップへ戻る

国際連携

 バイオメカニクス関連分野における他の国際拠点との連携を推進する.